暖炉設計 薪ストーブ の話

− 住宅設計事務所 建築家木村俊介暖炉設計とは −

炎のある生活は は 我が家で過ごす冬の時間を豊かで楽しいものにします

 暖炉には大きく分けて四つの形態があります 

 炉室が一面だけに開放されている普通の形

 部屋の角に設けられる二面に開放された形

 そして壁から突き出した三面開放の形

 そして周囲が全部開放された全面開放の形です

 それぞれに特徴のある暖炉ができるのですが 燃える炎のあたたかさ直接感じること そしてなによりも 熱せられた炉室内の壁の輻射熱にあたためられた壁面の多い方がよいのです

 こうした理屈からすれば 一面開放型が一番合理的な形になります

 もっとも全面開放形の暖炉や 三面開放形の暖炉は そのかわりに多勢の人間が集まって暖をとる あるいはその暖炉を中心として多数の人が憩いの時間をすごすことができるという利点があり 山小屋など比較的多人数で利用する部屋に多く用いられるようです


 住宅の暖炉の設計は まず その暖炉で燃やす薪の大きさを決めるところから始まります

 暖炉の火だけで暖をとるのであれば 相応の 大きな暖炉 が必要で 薪もおのずと大径のものを燃やすことになります

 快適な暖房設備に加えての 炎を楽しむための暖炉であれば  小さな暖炉 が適当で 薪も小径の小さなものになります

 そして暖炉の大きさが決まり 室内に解放される開口部の面積 それに対応する煙突の断面積を定め スロート スモークチャンバー ダンパーなどを備える暖炉本体を設計します

 建築基準法が定めるスペックも設計条件となります

 そしてそこからが暖炉設計の味のつけどころになるのです


 住宅設計事務所建築家木村俊介がこれまでに設計した暖炉は50基を超えています 

 たった50基 でもあり 50基もの数の暖炉 とも思えるのです

 暖炉を設計する時には それまでにつくった暖炉の 燃やしてみなければわからなかったさまざまな事柄が 設計する暖炉の 味 を豊かにする調味料になっているのです


 暖炉を建物に構築するのはむずかしい とよくいいます 

煙が室内に出てきたり よく燃えなかったり あたたかくなかったりすることが多いからです

 暖炉の設計は 薪の燃え方と煙の出ていく姿が数量的に解析できないだけに 豊かな経験を必要とします

 炉室の開口面積 それに対する煙突の経など 経験的に算出された数値がありますが 使う材料の種類 煙突の高さやその周囲の気流の状況など 考慮に入れなければならない条件があまりにも多く 単なる数値の表のみで暖炉の形態を決めるわけにはいきません

 炎がよく燃えるだけでは不十分で あたたかくなければ意味がないわけですから 入念に暖炉設計する必要があるのです

住宅設計事務所建築家木村俊介のモデルルーム写真2
住宅設計事務所建築家木村俊介のブログを御覧下さい 
        住宅設計 暖炉の話

          その1 暖炉の中で燃える男と女? ヨットとの関連は?

          その2 住宅の暖炉は楽しむまでがむずかしい?ヨットは?

          その3 住宅の暖炉設計とヨットの設計に不可欠なものの共通点とは?

          その4 暖炉の火入れ式 火の神様を怒らせないように?

住宅インテリア設計全53事例
住宅設計全39事例
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
住宅間取りのつくりかた
 住宅間取り例(平面プラン例)
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
         住宅設計監理 ナビ−住まいが出来るまで
          
       建築主の 夢 を かたち にするための 様々な住宅設計監理手法 について
住宅設計事務所木村俊介建築設計事務所 建築家木村俊介 のウェブサイトです
住宅設計を専門とする設計事務所を1967年東京目黒自由が丘に開設して50年
住宅設計300余棟の豊富な実績と豊かな経験を裏付けとして住まいをつくります
住宅設計事務所TOPページへ戻る
サイトマップ
お問い合せはこちらからどうぞ
「住宅設計」 と 「家 設計」「家デザイン」「住まいの設計」「注文住宅設計」など との違いはあるのか?

「住宅設計」 は 住宅設計事務所が設計する内容を 「家 設計」 などの用語に比べて より広義の意で表していると考え このサイトでは 「住宅設計」 を これらの意の全てを表す用語として用いています