医院設計間取り集 平面プラン実例
医院設計とはどんなものなのか
−住宅設計事務所建築家木村俊介の設計監理による医院設計とはどんなものなのか その設計に目指すものとは−

医院設計のやりかた

 医院設計では

 建築主である医師の 診療に対する強く明確な思い 診療の姿勢 そして 診療の手法 更にはその医院の運営手法までにも及ぶ医師の意志を 医院の診療空間の中に忠実に具現化する

 ということが 住宅設計事務所建築家木村俊介に課せられた 医院設計における何よりも重要な役割である と考えています

 医師の診療に対する 姿勢 に 患者が信頼感を持つことで 初めて医院の診療は始まるのですが

 その医院の建築設計とは 医師の診察 治療を 患者が安心感と満足感を持って受け入れることが出来るような 具体的な 空間 動線 建築そして設備の仕様 医療設備のスペース などを 患者側の目線に立って計画することでもある

 と考えています 

 医師が地域に根を下ろして診療をおこなう時 この

 建築主である医師の強く明確な診療に対する 思い その 姿勢 そしてそれらを設計事務所建築家が忠実に表現した医院建築の存在 このことこそが 地域における評判の高い医院 になることに繋がるのだ

 と考えています

 医院建築は 医師の仕事の場が住宅に併用されている建築ですが 住宅設計事務所建築家木村俊介の住宅設計に注ぐ情熱と 終わることのない住宅設計修行 がつくり出す住宅であることに変わりはありません

 医院併用住宅の場合も 医院と共にある医師とその家族の生き方にふさわしい住まいであることを目指して 住宅設計事務所建築家木村俊介は住宅設計 をしていきたい

 と思っています

医院設計監理の実績
  • 産科婦人科医院 設計監理
  • 内科医院 設計監理
  • 整形外科医院 設計監理
  • 眼科医院 設計監理
  • 歯科医院 設計監理
  • 耳鼻咽喉科医院 設計監理
  • (その他精神病院の病棟設計−病院設計監理)

医院設計間取り集 平面プラン実例

医院設計 事例 01.  産科婦人科医院設計 平面プラン(間取り図)  静岡県函南
                                重量鉄骨造 地上2階建

医院併用住宅平面プラン(間取り図)01−1
1階
医院併用住宅平面プラン(間取り図)01−2
2階
L−居間食堂 B−寝室・個室
医院併用住宅平面プラン(間取り図)01−3
この医院併用住宅の詳細は 
住宅設計監理事例 07.
を御覧下さい

県内の広範囲からこの医院の魅力に惹かれて
ここでお産をされる方が集まるのは何故か?

 隣接地域にとどまらず 県内の広範囲からこの医院の魅力に惹かれてここでお産をされる方が集まるそうです

 女性にとって人生に何回もない重大なそして嬉しい出来事の お産は 家族にとっても重大なそして何よりも嬉しい出来事です

 お産をするかたが 一生に何回もないこの機会を ホテルのような快適な場所で1週間を過ごすことで 体も心もゆっくり休養することが出来るように というコンセプトでこの医院は設計されました

 といっても 特別の贅沢な建築工事費予算が与えられたわけではありません

 田園の素晴らしいロケーションを生かすような プランを工夫した個室の病室群

 眺めの良い快適な場所で美味しい料理の出る小レストランのような食堂 そのための充実した設備の厨房

 患者さんが緊張しないようにと医療機器を露出させずに置き必要な時に取り出すように考えられた分娩室

 冬期には 患者が 大きな薪ストーブの暖かい火を見ながら 緊張感がほぐれゆっくり出来るような 落ち着いた明るい外来待合室をつくったこと

 万が一の手術時の停電にも直ぐ対応が出来るように備えた小型発電設備など

 全てといって良いほど医師の意志から生まれたものです

 そして これらは特別の贅沢な建築工事費を必要としたわけではありません

 何よりも 医師の医療に対する意識と技量 そして 人柄 がこれほどの地域の評判になっているのでしょう


 この医院という建築の器(うつわ)が出来たのは 設計にあたって そして設計途中に 何回も 何回もにわたる 強い 克明で 具体的な 医療に対する 医師の意志の表示と それを建築的に構成し 具体的な医院という建築の形とした設計事務所建築家のコラボレーションの結果だと思っています

 設計事務所建築家の役目はこの 建築の形となった医院 を医師の力で生み落としてもらったところまでで その後は もちろん医師の医療の世界となり 医師がこの医院の中身を育てて行くのです この医院はすばらしい医院に育っています

医院設計 事例 02.  内科医院設計 平面プラン(間取り図)  神奈川県相模原市
                             木造2階建

医院併用住宅平面プラン(間取り図)02−1
医院併用住宅平面プラン(間取り図)02−2
1階 2階  
L−居間食堂 B−寝室・子供室・個室
医院併用住宅平面プラン(間取り図)02−3 医院併用住宅平面プラン(間取り図)02−4 −この医院併用住宅は残念ながらビル建設のための区画整理により取り壊されることになりました

 建築主の医師とその家族にとっては大きなショックになりました
 設計事務所建築家にとってもショックです

 外来患者の 受付→待合→診察→処置→退出→会計 の動線が一方通行になるように考えています 
 医院−住宅の動線も住宅のプライバシーが一番保たれる位置です 
 昼間自然光で患者の顔を見たいという医師
 壁に囲まれて不安になってしまわないような明るい外光が入る処置室
 を目指しています

医院設計 事例 03.  内科医院設計 平面プラン(間取り図)  東京都
                             鉄筋コンクリート造 地上4階建

医院併用住宅平面プラン(間取り図)03−1
医院併用住宅平面プラン(間取り図)03−2
1階
2階
医院併用住宅平面プラン(間取り図)03−3
医院併用住宅平面プラン(間取り図)03−4
3階
4階
医院併用住宅平面プラン(間取り図)03−5
断面図
L−居間食堂 B−寝室・子供室・個室
医院併用住宅平面プラン(間取り図)03−6 医院併用住宅平面プラン(間取り図)03−7
 商店街の真ん中にあるこの医院併用住宅では 高さの法的な制限内で4階建を計画することになったため 1階当たりの階高が2.5メートルを切ることになってしまいました 低い天井高の圧迫感を少しでも和らげるため 待合室を吹き抜けとして光庭に面してもうけ 明るい伸び伸びとしたスペースとしています 自然光で患者の顔色を見ることが出来るような診察室をつくることも 医師の強い要求からでした

 住宅部分の中心となるリビングは ドーム状の高い天井とし 上方のトップライトから明るい自然光が降り注ぐ気持の良いスペースとなりました

医院設計 事例 04.  眼科医院設計 平面プラン(間取り図)  東京都
                             鉄筋コンクリート造 地上3階建

医院併用住宅平面プラン(間取り図)04−1
医院併用住宅平面プラン(間取り図)04−2
1階 2階
医院併用住宅平面プラン(間取り図)04−3
3階
L−居間食堂 B−寝室・子供室・個室
医院併用住宅平面プラン(間取り図)04−4
 住宅地の中の眼科医院併用住宅です 壁式鉄筋コンクリート造で構造体の変更は困難であるため 住宅部分の一部は将来の医院部分の拡張に備えて医院部分に転用出来るように考えた平面としています
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
住宅間取りのつくりかた
 住宅間取り例(平面プラン例)
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
住宅設計監理 ナビ−住まいが出来るまで−建築主の  を かたち にするための 様々な住宅設計監理手法 について
住宅設計事務所 建築家木村俊介が 貴方のライフスタイルを充分に受止め 
貴方の土地に合わせて設計する 住宅間取り   価値ある設計図です
住宅間取りのつくりかた
住宅設計全39事例のページを御覧下さい
住宅インテリア設計全53事例のページを御覧下さい
住宅設計事務所木村俊介建築設計事務所 建築家木村俊介 のウェブサイトです
住宅設計を専門とする設計事務所を1967年東京目黒自由が丘に開設して50年
住宅設計300余棟の豊富な実績と豊かな経験を裏付けとして住まいをつくります
住宅設計事務所TOPページへ戻る
サイトマップ
お問い合せはこちらからどうぞ
「住宅設計」 と 「家 設計」「家デザイン」「住まいの設計」「注文住宅設計」など との違いはあるのか?

「住宅設計」 は 住宅設計事務所が設計する内容を 「家 設計」 などの用語に比べて より広義の意で表していると考え このサイトでは 「住宅設計」 を これらの意の全てを表す用語として用いています